ドローン、マルチコプターによって近年メジャーになった空撮ですが、意外と一般用途というと、知られてないのが現実です。
今までのセスナ、ヘリでの空撮は低空飛行が出来ませんでしたので、遥か上空から屋根が大半の写真しか写せませんでしたが、実は、今ではある程度低空での撮影が可能なドローンにより、より立体的な撮影が、安価でご提供出来るようになりました。

10万円を超えてました空撮ですと、大型店舗、工場、学校、社屋、メガソーラーなどスケールの大きな建物が対象でしたが、単価が下がることにより大型建築物でも、きめ細かく工事の、進捗状況からの記録も可能になり、完成後の建物だけでなく、完成途中の建物を撮影することにより、現場に行くことのできない工事関係者や施主様、購入されたマンションの方々にも、現在の工程の進捗状況をHPでご報告も可能になり、今では、一般の方の新築住居の空撮も依頼がある現状です。

ドローン、マルチコプターによって近年メジャーになった空撮ですが、意外と一般用途というと、知られてないのが現実です。
当写真館は国交省認可済み、航空撮影用損害賠償保険加入済ですので、街中でも撮影可能です。

地域のイベント前写し、町おこしのPR撮影、パンフ用写真撮影なども、お電話でお問い合わせください。



※15分は、ひとつのバッテリーでのフライト時間です。
 カット数は、OKカットの枚数です。
 条件によっても変わってまいりますので、まず、ご相談ください。
 撮影場所、時間・天候によっては撮影できない場合があります。




フォトギャラリー